施術の様子

IMG_20191230_114854 (2).jpg

来院 時々猫のお出迎え

 

 

 

 IMG_20191230_115245.jpg

簡単な初診表に記入していただき

 

 

 

IMG_20200107_120926.jpg

 

IMG_20200107_121759.jpg

これらの服に着替えていただくか

 

ご自身で短パンTシャツなどを用意していただき

 

施術しやすい服装になってもらいます。

 

 

 

IMG_20200102_131114 (4).jpg

ゆったりと横になった状態で

 

症状、過去の病気、飲んでいる薬、生活上困っていることなどを

 

話していただき

 

施術の方針、ある程度の見通しなどをお話しします。

 

 

 

IMG_20191230_134229.jpg

 

IMG_20191230_134305.jpg

 

IMG_20200102_133727.jpg

 

IMG_20200102_134112.jpg

 

IMG_20200102_134741.jpg

 

 

IMG_20200102_135259.jpg

施術にはこれらの鍼とお灸を使います。

 

鍼は痛そう、お灸は熱そうに見えるかも知れませんが

 

心地よいためか、半数の患者さんは眠ってしまいます。

 

 

以下の動画もご覧下さい。

 

 

敏感な人や子供には

 

この直径0.16ミリ(髪の毛の直径は約0.2ミリ)、長さ3センチの鍼で

 

こするような施術をします。

 

 

 

てい鍼という刺さない鍼です。

 

敏感な人や子供の、力がないツボに

 

このてい鍼を接触して施術します。

 

 

 

IMG_20200102_132425.jpg

右手だけだとこの様な状態です。

 

皮膚に接触しているだけです。

 

 

 

鍼を皮膚に接触させるだけか

 

硬い所には、数ミリから2センチ程度刺入します。

 

 

 

腰や臀部がひどく硬く、慢性腰痛がある方など

 

鍼管という管を使い、鍼を刺入します。

 

5センチぐらい鍼を刺入する場合もありますが

 

そういう硬さのある人は、たいてい痛がりません。

 

 

 

 

点灸という昔ながらのお灸で

 

ほんわかと気持ちのいいものです。

 

火傷もしません。

 

 

 

IMG_20200102_133948.jpg 

IMG_20200102_134008.jpg

 

IMG_20200102_134105.jpg

筒の裏にのりが付いていて

 

初心者でも扱いやすいつぼ灸です。

 

じんわりと温まります。

 

 

 

IMG_20200102_134736.jpg 

色々な場所に対応できる棒灸です。

 

皮膚に近づけ、あぶるようにして温めます。

 

 

 

 

 

施術の仕上げで、全身が温まるように

 

竹灸を行います。

 

 

 

IMG_20200102_135647.jpg

 

 

IMG_20200102_135652.jpg

 

 

IMG_20200102_135700.jpg

全身調整のために、手足に鍼をするのですが

 

敏感な方には、このように細くて短いステンレスの鍼を

 

ツボに接触させてテープで止める場合もあります。

 

 

 

これらの鍼とお灸を使い

 

全身に361程度あるといわれているツボのうち

 

有効なツボを活用して

 

患者様の訴える症状への施術と全身調整を行い

 

自然治癒力を高めて行く施術です。

 

 

私が求めているものはもちろん

 

患者様に快適な日常生活を送っていただくことです。

 

そのお手伝いが出来れば嬉しい限りです。

 

 

 

IMG_20200102_140128 (2).jpg 

身体の状態

 

通院頻度

 

予後の見通しなどをお話しし

 

施術終了です。